スマートプライシングでアドセンス単価が下がった場合の回復方法がコレ

目安時間:約 25分

ある日突然アドセンスの単価が1桁台になってお困りの方いませんか?

 

私も同じ現象に会いましたが、とある対策を行ったあら20日後に元の単価に回復しました。

 

アドセンス単価が下がって解決策をお探し方のために、私が行った対策をお伝えしたいと思います。

 

 

 

こんにちは!えりおです!

 

婚活ジャンルの特化ブログを運営してて、アドセンスで月4~6万くらい稼いでます。

 

っが!

 

 

 

ある日突然

アドセンスのクリック単価が

1桁になりましたー

 

 

 

1桁っていったら、5円とか9円とか、そんな感じ。

 

これ、2018年12月24日のクリスマスイブから急に起こった出来事なんですよ(´;ω;`)

 

なんというアドセンスからのクリスマスプレゼントでしょう。

 

全然嬉しくありません(笑)

 

 

ネットで検索してみても、単価が下がる原因は載ってるけど、実際に回復した例はどこにもなかったので悩みました。

 

でも色々な情報を集めつつ対策をしてみたら、ちゃんとクリック単価は回復しました。

 

これから単価が下がった原因と、実際に単価を回復させるまでに行った行動をお伝えするので、ぜひ参考にしていただければと思います!

 

アドセンスのクリック単価が1桁に…

今までだったらクリック単価は、だいたい25円~45円の間でそこそこ安定してたんですが

 

クリスマスイブの24日から急にドーンと単価がさがりました。

 

ご覧の通りです。

 

 

赤く囲んだところがクリック単価が激下がりした部分です。

 

どのくらいの単価になったのかというと…

 

単価7円~20円まで下がりました。

 

 

 

仮に一日100クリックあっても、単価7円だと700円ですよ(笑)

 

 

今までの単価30円だったら、100クリックあったら3000円なので凄い差でしょ?

 

30日間にしたら単価30円なら90,000万円。

 

単価7円だと21,000円ですよ。

 

7万くらいブログの収入が一気に減っちゃうね。

 

こうなったらもう、どうにかして単価を元に戻したいと思うじゃないですか?

 

 

 

アドセンスのクリック単価が下がった原因

クリック単価が下がった原因を色々と調べたたんですが…

 

どうやらスマートプライシング」というのが濃厚っぽいです。

 

スマ―とプライシング

 

スマプラはグーグルアドセンスの広告主を保護する為の機能で、価値の低いクリックが多いサイトでのクリック単価を機械的?に下げる機能のことです。

具体的には、クリック後のユーザーの動きによって点数をつけ、その総合評価でスマプラ対象額?が決まるらしい。

調べてみると、ほとんどのサイトが少なからずスマプラ対象になっているらしい。

悪戯クリック、誤クリックの割合が多ければ多いほどCPCを下げる効果が現れる。らしい。

 

引用元:アドセンスのスマートプライシングは悪戯で単価を下げられる可能性あり・・・。

 

 

つまり、私のブログで大量のクリックがされて、それがほとんどが誤クリックや悪戯クリックだった可能性があるということです。

 

確かに単価が一気にさがった24日の前日のクリック数をみたら、いつもより多くクリックされてるんですよね。

 

前日比で+160%くらい。

 

でもこのくらいだったら、ただ単にアクセスが増えた影響でクリック数が増えただけっていうこともあるしな~

 

と思い、当日のアクセス数をチェックしてみました。

 

そしたら20日~26日の間はほぼ同じアクセス数でした。

 

 

ということは…?

 

24日にクリック数が160%も増えてるのは、あきらかに不自然ということになります。

 

 

これは意図的に誤クリックをされた可能性が高いですよね?

 

  • ユーザーが何となく広告を沢山クリックした
  • ユーザーが悪意を持って広告をクリックしまくった
  • ユーザーがブログコンテンツだと思って広告をクリックして、すぐにブラウザバックした。

 

あと私はやってないですが、自己クリックも当てはまる人は要注意です。

(自分でブログみてて、うっかりクリックしちゃうことってあるよね)

 

色々と仮説はあるのですが、実際に単価は下がっているわけなので、とりあえずこういう時の対策として「アドセンス側に報告する」というのがあります。

 

 

アドセンスの無効クリックが増えたときの対策

例えばクリック数がそこそこあるのに、報酬額が上がらないときとか…

 

それこそクリック単価が5円とか1桁台になったときとか…

 

もしくは、自分で間違えてクリックしてしまう「自己クリック」をした場合とか…

 

そういうときはアドセンス側に異常を報告することができます。

 

 

 

コチラですね⇒無効なクリックの連絡フォーム

 

 

 

ここで入力する内容な以下のとおりです。

  • 名前
  • メールアドレス
  • サイト運営者ID
  • ブログURL
  • トピック(報告の内容)
  • クリックが発生した日時
  • 無効なクリックの疑いがあることを示す該当部分
  • 不正な操作の原因と考えられる疑わしい IP アドレス、参照 URLなど

 

 

名前やメールアドレス、ブログURLと運営者IDはサクっと入力できるので説明は割愛。

 

 

トピック(報告の内容)

トピックは選択式になっていて、以下の2つから報告内容を選ぶことができます。

 

 

◆アカウントで発生する通常とは異なる動作をレポートする

 

◆アカウントの状況について大幅な変化を予測する

 

 

今回ような無効クリックの増加や、クリック単価が急に低くなっておかしいな?と感じたときは

 

「アカウントで発生する通常とは異なる動作をレポートする」を選びます。

 

 

 

リックが発生した日時

これは大量クリックをされた日付を入力すればOK。

 

例えば私の場合だと12月24日のクリスマスイブから異変がおきたので

 

【2018年12月24日】と入力します。

 

 

 

無効なクリックの疑いがあることを示す該当部分

簡単に言うと「無効クリックされた根拠を述べよ」ということなので

 

私の場合はこんな感じで送りました。

 

「通常は一日当たりのクリック数は〇〇くらいで、前日とブログのアクセス数は変わってないのに、クリック数は160%に増えています」

 

つまり

 

・通常時のクリック数はいくらくらいか

・問題のあった日付のブログのアクセス数は通常時と比べてどうか

・クリック数がどれくらい増えたか

 

っていうことを説明できればいいのです。

 

 

 

不正な操作の原因と考えられる疑わしい IP アドレス、参照 URLなど

この項目はね、私は書きませんでした。

 

っていうか、どのIPアドレスがどのページの広告をクリックしたか?なんて調べられないからです。

 

(詳しい人なら調べられるかもしれないですが…)

 

なので私はここは空欄で提出しました。

 

そもそもこの欄は必須ではないので。

 

 

 

そもそも誤クリックさせる広告配置がダメなんじゃないの?

この1件を調べていくうちに

 

「そもそもユーザーにコンテンツの一部と思わせる広告配置がダメなんだよ」

 

という情報を目にしました。

 

 

確かに。

 

ユーザーはブログコンテンツの一部だと思ってクリックしたのに、それが全く別件の内容だったらソッ閉じですよね。

 

 

無効クリックが増える=クリックされても1円として処理される=ブログ全体のクリック単価が下がる

 

こういう魔のスパイラルを生み出す広告配置をしてる時点でダメだと。

 

 

 

(でも今までずっと同じ広告配置でなんとも無かったのに、なんで急に誤クリックが増えたのか謎。やっぱり悪意を持った誰かが大量にクリックを…以下略)

 

 

そこで私はもう一度広告配置を見直すことに。

 

 

 

ファーストビューって誤クリックに繋がるんじゃね?

 

ファーストビューが大事大事と言われてたので、タイトル上にリンクユニットを配置してたので、これを削除。

 

だってユーザーがコンテンツの一部だと思ってクリックしたら、別の広告が表示されるってビックリするよね?

 

間違いなく誤クリックにつながるよね?

 

というわけで、とりあえずタイトル上の広告は削除。

 

 

H2毎の広告って誤クリックしやすいんじゃね?

多いは正義!を掲げている私としては、しっかりとしたボリュームのコンテンツであればh2毎に広告を表示させることについては問題ないと思ってたんですよ。

 

特に5000文字を超える記事だと途中で飽きちゃう人もいるだろうし、そういう人がh2手前に広告があったら好きなタイミングで広告に飛べるじゃん?

 

…でもよくよく考えたら、スマホで下にスライドしていくときってついつい指が広告に触れちゃうときがあるかもしれないよね。

 

そしたら「まだ続きを読みたかったのに間違えて広告クリックしちゃった!戻らなきゃ」って感じでスグに広告から戻っちゃうかもしれません。

 

スマートプライシングが回復するまで誤クリックをさせそうな配置は辞めようと思い、H2毎の広告は削除しました。

 

 

一番クリック率が高い記事下のみにする

広告が一番クリックされやすいのが記事を読み終わった後の広告というわけで、記事下のダブルレクタングルだけは残しました。

 

案の定クリック数は減りましたが、今回の目的は誤クリックを減らしてスマートプライシングで下がった単価を上げること!

 

なので1日200円とか300円の収入になりましたが、歯を食いしばって耐えます。

 

 

インフィード広告って誤クリックしやすいんじゃね?

そういえば私。自動広告でインフィード広告を導入していました。

 

インフィード広告っていうのは、ブログの記事一覧とか、サイドバーの人気記事一覧とかに勝手に挿入される広告のとことです。

 

広告の体裁がブログの体裁にぴったりマッチして表示されるので、ユーザーに違和感なく広告を表示させることができるという…。

 

 

これも改めて考えると誤クリックを誘発するよね?

 

だってさ、サイドバーに自作で作ったコンテンツのバナーがあって、その間に同じサイズの広告が表示されるわけ。

 

ユーザーはコンテンツの一部だと思ってクリックするよね?

 

で表示された内容が明らかに私のブログと体裁が違うサイトだったら、ビックリしてブラウザバックしちゃうよね?

 

インフィード広告って効果あるのかな?

 

ってなわけで、インフィード広告も設定をOFFにしました。

 

 

その結果、ブログの広告表示は

 

  • ブログ記事下
  • 関連コンテンツ

 

この2つのみになりました。

 

 

 

 

無効なクリックを報告してから10日後…

さて、無効クリック報告と、広告表示数を減らして10日間様子を見てみまいた。

 

噂によるとスマートプライシングは1週間ごとに更新されていると聞いたので、年末年始を挟んだ1月7日改めてクリック単価を確認してみました。

 

 

 

かろうじて単価1桁台は回復できた模様!

 

つっても最高単価20円なので、以前の半分くらいです。

 

 

もしかしてスマートプライシングってすぐにギューンと回復しないものなんでしょうかね?

 

焦る気持ちを抑えつつ、もう少し様子をみてみましょう。

 

無効クリック報告から20日経過した結果…ついに!

1月7日からさらに8日経過して、無効クリック報告から20日たった結果…

 

なんとようやくクリック単価が元の数値まで回復しましたー!

 

単価は30円台まで回復!

 

 

実にクリック単価に異変が起きてから回復までには23日も掛かったことになります。

 

 

 

クリック単価が上がったので、当然ブログのアドセンス収入もだんだん元に戻ってきました。

 

単価8円の時なんか、1日のブログのアドセンス収入が約400円なのに、単価が回復したあとは1日のアドセンス収入は880円くらいに!

 

嬉しい!嬉しすぎて涙でそう!

 

だってアクセス数は変わらないのに、アドセンスの単価が上がるだけで収入が2倍に増えるんだもん!

 

ってか単価が下がった時は絶望の淵にいましたが、実際回復までの時間を見てみるとたったの20日前後。

 

これ、異変を察知した時点でもっと早く無効クリック対策やってたら、もうちょっと早く回復してたんじゃないかな~と思います。

 

 

 

スマプラで単価が1桁になってから元に戻るまでの時間

広告の表示数を減らして誤クリック対策をした結果…

 

アドセンスの単価が1桁⇒元の半分の単価まで回復するのに10日くらい。

 

さらに

 

元の半分の単価⇒ほぼ元の単価まで回復するのに10日くらい。

 

 

つまり

 

無効クリックの多発でスマートプライシングが下がった場合は

    • 無効クリックの報告
    • 誤クリックを招く広告表示の削除

     

上記2点の対策を行うことで約20日後にはクリック単価は回復します!

 

 

クリック単価が下がって涙流してる皆、ちゃんと対策すれば20日後には回復するよ!

 

あんまり落ち込まないで、ちゃんと対策とって時が立つのを待ちましょう!

 

 

クリック単価が回復したら広告表示は増やす?

今回、スマートプライシングの対策で広告表示を制限してたわけだけど、クリック単価が戻ったら広告表示を前のようにガンガン増やしても大丈夫かな?という不安があると思います。

 

 

私は広告数が多いのは稼ぐのには必須だと思ってるので、広告は増やしたいです。

 

もちろんちゃんと1記事あたりの文字数は3000文字~5000文字を前後にしっかりボリュームにしたうえで、です。

 

 

ただ、誤クリックを誘発させる確立が高い「インフィード広告」は外すことにしました。

 

いや、だってさ…

 

サイドバーに表示してある「人気記事ランキング」のところを確認したら、1位と2位の間にアドセンス広告が表示されてるわけ。

 

これってすごい誤クリックさせる気マンマンだよね?

 

自動広告設定だからこういう風に意図しない場所に表示されて、結果的にクリック単価下げられたんじゃたまらないよね。

 

ほんと自動広告って役立つんだか足引っ張ってるんだか意味不明(笑)

 

 

今後のアドセンス配置は「タイトル上、目次上、h2見出し上、記事下」でいきます。

 

というわけで、今後の私のブログでのアドセンス配置はこんな感じ。

 

    • タイトルの上にリンクユニット
    • 目次の上にレクタングル広告
    • 最初のh2見出し上に記事内広告
    • 記事下にダブルレクタングル

 

 

 

自動広告は一切入れません。

 

全てコチラで指定した場所で表示させます。

 

あ、ちなみに使ってるワードプレスのテーマはCocoonです。

 

アドセンスコード一つで、色んな広告スタイルと場所の表示設定が出来るので超便利です。

 

Cocoonテーマのダウンロードはコチラ

https://wp-cocoon.com/

 

 

 

アドセンスのクリック単価が突然1桁台になった時の対処法まとめ

では、スマートプライシングにより、アドセンスのクリック単価が1桁台になった時の原因と対処法をまとめます。

 

アドセンスのクリック単価が下がった原因

  • ユーザーが何となく広告を沢山クリックした
  • ユーザーが悪意を持って広告をクリックしまくった
  • ユーザーがブログコンテンツだと思って広告をクリックして、すぐにブラウザバックした。
  • うっかり自己クリックを立て続けにしてしまった

 

 

この場合の対処法はこうです。

 

アドセンスのクリック単価を回復させる対処法

  • アドセンスに無効クリック報告をする
  • 誤クリックしそうな広告配置を一時的に削除する
  • 対策をしてから20日間くらいは様子をみる

 

ちなみに上記の対処法は「ある日突然単価が1桁台になった」という場合です。

 

以前から徐々に単価が下がってきているという人は、ブログ全体の評価が低い可能性があります。(広告クリックはされるけど成約につながらないケースが多いとか)

 

そういう場合は、記事の内容を特化したものにするとか、扱うジャンルを高単価のものに変更するとか、そういった対策が必要になってきます。

 

 

もし今回の私と同じように「ある日を境にクリック単価が激下がりした!」という人なら、この記事で紹介した方法を試してみてください。

 

約20日くらいで元の単価にもどりますよ~

 

専業主婦でも月5万円の副収入!

この記事に関連する記事一覧

コメントは4件です

  1. 松千代 より:

    こんにちは。
    松千代です。ブログランキングから来ました。
    アフィリに興味があり、こちらに辿り着きました。

    アドセンス申請もしていない初心者ですけど、
    いろいろと勉強したいと思います。

    • erio より:

      >松千代さん
      こめんとありがとうございます。
      拙いブログですが、参考にしてもらえたら幸いです。

  2. さちりん より:

    こんにちは
    ブログランキングからの訪問です。
    悪戯クリックって初めて聞きました。
    とても参考になりました。
    ありがとうございました。

    • erio より:

      >さちりんさん
      コメントありがとうございます。
      参考にしていただけて幸いです。

コメントフォーム

名前

 

メールアドレス

 

URL

 

 

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
管理人プロフィール

管理人:えりお

転勤族の夫と結婚し、第一子出産を機に正社員を退職。出産後800km離れた新天地で子育てをスタート。子供が0歳6か月で始めたブログアフィリエイトで1年後には月収10万達成。同じような転勤族の妻の為に、ブログアフィリエイトのやり方を拡散中です。

【アフィリエイト報酬履歴】
2015年5月 月10万達成
2017年8月 月36万達成
2018年6月 月65万達成

詳しいプロフィールはこちら

特化型ブログ教材の決定版!
私が使っているASPはこちら
人気記事
私も外注化やってます
最近の投稿
最近のコメント
カテゴリー